2014.08.27ブログ
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket
LINEで送る

failure-of-iphone

生活に欠かせない「iPhone」

今や生活になくてはならないアイテムとなったスマートフォンなかでもiPhoneは、日本におけるスマホユーザーの約69%が利用しているほど、圧倒的な人気を誇っています。その携帯性と利便性から、iPhoneに頼ることが多くなる反面、大事なシチュエーションで不具合が起きてパニック、なんてことも起こりかねません。そんな時のために、対処する方法をあらかじめ知っておくことでトラブルをスムーズに回避できます。

 

iPhoneは精密機械ですので、その扱い方や処理状態によって、生じる現象や原因は複雑でさまざまです。正しく使用しているのに「調子がおかしい」「故障かな?」といった場合、Appleストアに駆け込む前に自分でできる応急処置を試してみましょう。

まず試すべきは「アプリの終了」と「再起動」!

通話、ウェブ、アプリいずれかでも調子がおかしいと感じた時、まず試したいのは[アプリをすべて終了させる]こと。たくさんのアプリが起動したままでは処理がビジー状態のため、動作に影響が出やすいものです。一旦すべてのアプリを終了させて処理状態を軽くしましょう。ホームボタンを2回押すと何が起動中なのかが表示され、上部にスワイプさせることで閉じることができます

 

画面そのものがフリーズしてしまい、アプリを終了できないケースもあります。その時は[再起動]をしましょう。右上の電源ボタンを数秒長押しし、「電源オフ」が表示されたら、スライドして電源を切ります。完全に切れたら、再び長押しして電源を入れましょう。起動させたままのアプリも、再起動後にはそのままの状態で保持されていますので、簡単なリセット方法といえるでしょう。

【不具合その1】電源が入らない

power-does-not-turn-onまれに生じる「電源が入らない」現象。電話からネットまで何もできずに画面は真っ暗。原因もわからないまま困り果ててしまいますね。落ちついて次の手順で対処していきましょう。

まずは[充電して自動的に電源がはいるかの確認]です。家庭用コンセントに接続したら15分ほど充電を待ちましょう。自動的に電源が入るかを確認します。

これで電源が入らない場合、次は[充電しながら強制リセット]を試してください。電源ボタンとホームボタンを同時に10秒以上押し続けます。Appleロゴが出たら指を離して画面が立ち上がるまで待ちます。

 

それでもダメな場合は、[パソコンに接続してiPhoneを初期化]してみましょう。パソコンに接続してiTunesから初期化・復元操作を行い、「新しいiPhoneとして設定」を選択します。初期化するということは、全てのデータが削除され、工場出荷時の状態になるということです。バックアップがない場合には、初期化後データを戻すことができないので覚悟が必要です。このような非常事態に備えて、定期的にパソコンやiCloudにバックアップをとることをおすすめします

 

【不具合その2】ウェブに接続するのに時間がかかる

have-a-slow-connection

まず考えられるのは、サイト側のサーバーに負荷がかかっている、ページの容量が大きいなどの原因です。もしくは同じ地域で利用者が多い場合、基地局が混み合ってつながりにくいことありますので、時間を変えてみましょう。電波の状況も影響しますので、場所を変えることも試みてください。

電波ではなく、iPhone自体の不具合が考えられる場合は、[設定のリセット]をします。「設定>一般>リセット>ネットワーク設定をリセット」を選択してください。ネットワークの状態が初期化されるので、Wi-Fiや特別なネットワークを使用している場合は、パスワードを改めて入力する必要がありますので注意しましょう。

【不具合その3】ホームボタンが反応しない

home-button-on-iphone使用頻度の多いホームボタンは、ほこりなどが詰まり、反応が鈍くなって使いづらくなることがあります。画面上に、同様の機能として使えるホームボタンを表示させることができます。「設定>一般>アクセシビリティ」を選択して、AssistiveTouchを選択してオンにすると画面上に丸いアイコンが表示され、これを押すと「ホーム」というボタンが表れます。ホームボタンそのものが修理できているわけではないので、とりあえずの代替処置と考えましょう。

 

 

 

【不具合その4】アプリの動作が不安定

app-instability購入時に比べ、全体的に動作が遅く感じられる、アプリ使用中にフリーズしたり突然切断されたりしてしまう、という現象を経験している人も多いと思います。これらは[アプリをすべて終了]あるいは[再起動]をして快適な状態に戻ることがほとんどです。それでも改善されない場合、[SIMカードを入れ直す]という方法があります。必ず電源を切ってから行いましょう。

本体の右側面に穴がありますので、付属の「SIM取り出しツール」(無い場合はペーパークリップなど)を差し込みSIMカードトレイを引き出します。カードを一旦取りだし、再び戻します。それから改めて電源を入れましょう。

 

さらに、[強制終了]という方法もあります。iPhoneそのものの動作を強制的にシャットダウンするという少々強引な方法です。電源ボタンとホームボタンを同時に長押ししてください。この時「電源オフ」の表示が出ても無視します。Appleロゴが表示されたら指を離しましょう。しばらく待つと再起動が始まります。

 

それでもアプリに明らかに不具合がみられる場合、[アプリを削除して再インストール]することをおすすめします。ホーム画面上のアイコンを長押しして波打ちさせてから、不具合が発生しているアプリの「×」を押して削除してください。ここで一度再起動させるのがポイントです。改めてAppStoreから再度インストールしてみましょう。

 

「電源が入らない」という項目で述べたとおり、最終手段は[初期化]するというiPhoneの根本的なリセットです。すべてのデータを消去させることで、原因を取り除きます。データがすべて消えてしまうことの注意と復元の手間はありますが、Appleストアへ駆け込む場合にも初期化を前提に修理しますので、まずは自分の手元で試してみる価値はあるでしょう。データの消失についてはパソコンかiCloudにバックアップを取っていれば、初期化した後でもバックアップした時の状態に戻すことが可能です。iPhoneをパソコンに接続してiTunesを起動し、サイドバーからデバイス、「復元」操作を行います。

 

おわりに

上記で述べたのは、あくまで「おかしいな」と感じた時の確認や対処法です。自己流の方法でiPhoneを修理することは故障を悪化させることにつながります。

どうにも改善が見られない場合は、迅速にAppleのサポートや、ストアへ持ち込むという判断も速い解決への道です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます!

記事がお役に立ちましたらシェアをお願い致します!

Imma-apologize-512
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket
LINEで送る